「道家氣功」の世界へようこそ

氣功とは、大宇宙、自然の空間にある「氣」をからだに取り入れる方法です。
その目的は、大宇宙、自然の氣である「後天の氣」を小宇宙である私たちのからだに取り入れ、
邪(病)氣を排出し、もともと備わっている「先天の氣」を守るところにあります。

「タオ・アカデミージャパン」は、中国より伝わる「道家氣功」の日本の窓口として、
こうした大宇宙、自然に宿る霊妙なパワー(氣)を最大限に引き出すべく、
これまで秘伝とされてきた功法の数々を、あますところなくお伝えしています。

それは、決して難解なものではなく、どれも実践的で、
日常の体調管理、コンディショニングに活かしていける内容が網羅されたものばかり。
道家の教えは奥深いですが、功法には段階があり、
氣功の初心者でも入りやすく、実践しやすいのが特徴です。
「道家氣功」を日々実践し、氣のパワーを取り入れることで、
多くの人が健康長寿を実現し、自らの能力を発揮していけるでしょう。

不安と混迷の増す時代、本書がお伝えする道(タオ)の世界は、
これからの生き方の指標となるものです。
茶道、柔道、華道、そして神道……日本には、古くから「道」のつく文化がたくさんあり、
道(タオ)という概念が魂に刻み込まれています。
そのため、道家氣功の本質をより深く理解できるのは、
発祥の中国ではなく日本だと言われています。

当会の活動を通して一人でも多くの方が道家氣功を取り入れ、
日々のセルフメンテナンスのパートナーとして、楽しく心地よく、
「氣功ライフ」を実践していくことを願っています。
揺るぎのない道(タオ)に目覚め、人生をより豊かに、実りあるものに変えていきましょう。

道家氣功とは?

道家とは何か、一言でいえば、その答えは「自然」となります。七千年以上も前から道家の古人たちは、健康で長寿、そして悟りを開いた人になろうと研究を重ねてきました。その方法として、本書に記す「氣功」の研究を第一と考えたわけです。

研究を成功させた仙人(真人)は、今でも中国で何人も生存しています。このような仙人たちは、皆百二十歳を超えています。自然・大宇宙と合一する、道家でいう「天人地合一」を成し遂げた人たちです。

道医学(東洋医学)と一般にいわれますが、この中には鍼灸・按摩・漢方薬・氣功があります。これらはすべて道家の教えから来ています。

人類が健康で長生きし、一人でも多く悟りを開いた人となり、精神が向上し、世の中のため、人のために貢献できるように修行をする教えが道家なのです。

このことをよくよく理解し、本書に書かれた氣功を身につけていただきたいと思います。道家こそ神の教え、自然の法則そのものです。

『道家氣功〜古代から伝わる21世紀最高の氣功実践書』(劉百齢、林義貢、塩田憲一著/ハンカチーフ・ブックス刊)より